検査用治具の製作

カテーテル・アタッチメント外周のミーリング面の位相を合わせる検査治具を製作しました。

 

 

カテーテル・アタッチメントを最後まで締め込むとミーリング面の位相が合うようにします。

図1 カテーテル・ アタッチメント

医療現場で施術者様が使用する際に締込み目安が一目で分かる様にしたい、とお客様からのご要望を頂き、当社で検査治具を考案し製作しました。

 

 

 

 

図2 検査治具

治具はネジゲージを使用し製作しています。

治具端面に3本の赤色の基準線を刻んであります。(図2)

組み立てた時の位相のズレを5°以下に収めるため、中心線から±2.5°の角度をつけた限界線を引きました。

 

 

 

 

図3 角度の確認

治具に部品を取付け、角度を確認します。(図3)

この治具で位相合わせした製品はネジを締めてもミーリング面があっており、納品後にお客様の受入検査で合格と評価をいただきました。

当社では検査項目にあわせて検査治具の製作も行っています。

エアーマイクロメータ

エアーマイクロメータ(空気マイクロメータ)は空気の流量で物の寸法を測る比較測定器です。

図1 エアーマイクロメータ

当社では公差が0~+12μmの内径ハードターニング加工の検査で使用しています。
一般的な接触式測定器より精密な測定が可能で、繰り返し精度も高いことが特徴です。
シリンダゲージ、マイクロメータ等に比べて測定時間が短く測定者による誤差が生じません。
また、非接触式のため測定物に傷をつけず、薄肉形状や軟材種でも精密測定が可能です。

表面粗さによって測定値に影響がでるため、測定面の表面粗さの管理と高精度な仕上げ加工技術が必要です。

六角穴加工

従来の少量生産品の六角穴加工はドリルで下穴を開け、六角パンチを用いてプレスで六角穴に加工する工程が一般的でしたが、多工程化することで生産リードタイムの長さ、コスト高、専用ジグ等が問題でした。

図1 六角穴ブローチ加工例

当社では専用ツールを用いて、一貫した生産で六角穴加工を行っています。
工程設計が自由なために、従来ではできなかった工程において六角穴加工が可能になり、工程集約による生産リードタイム短縮や低コスト化を図れ専用ジグが不要になります。
またプレス加工では困難な薄肉形状にも加工が容易といったメリットがあります。

グリップの空回りトルク試験

石川県工業試験場において性能評価試験を行いました。
グリップの把握力試験で限界点を調べました。

試験方法は4軸切削動力計「キスラー製9272」に社内制作のジグとテストピースを固定し
行いました。(図1)

図1 4軸切削動力計(石川県工業試験場)

図2 試験結果